体長15㎝ほどの謎の小型ミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」の正体が明らかに!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6bqbxot6

チリにあるアタカマ砂漠で、今から10年前の2003年に発見された体長15㎝ほどのミイラ。
人間そっくりの小型ミイラは一体何のミイラなのか!?

まさかエイリアン!?!?
「アタカマ・ヒューマノイド」というネーミングで話題を呼んだが、ついにその正体が判明しました!!

 

 
アタカマ・ヒューマノイドは2003年10月19日、オスカー・ムニョスという男性が、アタカマ砂漠のゴーストタウンラノリアで発見したもので、ムニョス氏は発見当初、このミイラに関し、「人間とは異なる9本の肋骨があり、頭の形が極端に長く膨らんでいて、皮膚はウロコで覆われているようだった」と語っていた。

結局このミイラは人間の胎児だったそうだ。胎児というか胎児サイズで出産後6~8年生き延びた男性だということなのだそうだ。その証拠に呼吸し、食べ物を代謝した後が見られたという。これは突然変異ではないかとみられている。

これは、米カリフォルニア州スタンフォード大学の幹細胞生物学研究スタッフが行ったエックス線テストやDNA鑑定で明らかになったもので、エイリアンなどではなく、猿でもなく、人間の遺伝子を持っていたという。

q0qo1yi2

 

wrmpo4nj

 

cjwfe4qv

 

p702ufsy

※ソース:dailymail.co.uk
 

card_c11 この人間が6~8年も生きていたってことにもびっくりですね!
大変興味深い変異である

card_c13

コメント

  1. カヲナシさん 投稿日:2013/06/09 02:12 

    ツィートしようとしたら

    Oops! A URL in your tweet appears to link to a page that has spammy or unsafe content.

    という警告が出たw(;´д`)

コメントを残す

close
本当に効果ある増大サプリ