繁盛するのにはわけがある!体験型マーケティングを実践しているラーメン屋【動画あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
experi

毎日新聞が1日まとめた主要121社を対象とした景気アンケート(4月中下旬に実施。原則、各企業の社長・会長名で回答)で、「景気は回復している」との回答が89.3%に上った

[毎日新聞]2013年05月01日22時06分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00000105-mai-bus_all

緩やかに世界景気が回復している昨今、大手企業はその恩恵を受けているようです。しかし、個人経営など小規模の企業ではインフレによる原材料高騰の辛い影響を受けています。

このような状況下で生き残るためには….体験型マーケティングを実践するしかありません!

体験型マーケティングとは、客の注文に応じてサービスやモノを提供するだけではなく、そこに”体験“という付加価値をつけるマーケティング手法です。小さな店舗では『感動体験』を提供する店が繁盛しているようです。実際にどのような感動体験を提供しているのか「ラーメン屋」の実例をご紹介します。

ラーメン屋が味や品質を追求するのは当たり前!パフォーマンスも重要

湯きりや提供の際、派手なことをしても味に大差はないようですが、パフォーマンスによって「この店に行きたい」「また行きたい」とココロを動かします。

※パフォーマンスにより味覚が変わることもあるようです。

天空落としと銘打った湯きりが有名なラーメン中村屋

 

 

らーめん岩本屋久安店 店主のパフォーマンス

 

 

ユニークな動きを見たいがために注文する人もおおいことでしょう

 

 

飛んでくる替え玉、ヒヤヒヤしてホットする感情を動かします

 

 

ラーメンをそんなに好まない人でもこのような感動体験ができるのであれば、ぜひ一度はいってみたいと思うのではないでしょうか。もちろん、派手なパフォーマンスは怪我などのリスクも負います。そういったことも考慮しつつ自分らしい感動体験を目の前のお客様に提供してみてはいかがでしょうか。

card_s11 今日はここで食べませんか?
是非

card_s13
私も!

card_s12

コメント

コメントを残す

close
本当に効果ある増大サプリ