イヤホンやヘッドホン装着でヒヤリ・ハット!?まさかの私が事故被害者【閲覧注意動画あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
344530ae04a2_sf_4

イヤホンやヘッドホン装着者の接触事故が増えています。

携帯音楽プレイヤーのみならずスマートフォンでも良質の音楽がどこでも聴けるようになり、より良質のイヤホンやヘッドホンが次々と登場する中、装着者による不注意事故が増加しています。

屋外でのイヤホン使用による事故の危険性

屋外でのイヤホン使用者(662人)の8.0%(53人)が、屋外での使用中、「自動車や自転車と接触しそうになった」などの危険な状況に遭遇したことがあった。中には「救急車に気付かなかった」という回答者もいた。

54b2ec76a0f4a43c09ab1c0cc7c79b16

via. 東京都生活文化局

イヤホンやヘッドホンを装着するだけで、約10人に1人が何らかの危険体験をしています。

ハインリッヒの法則

事故における有名な経験則があります。「ハインリッヒの法則」です。
一件の大きな事故の裏には、29件の軽微な事故、そして300件のヒヤリ・ハット(事故には至らなかったもののヒヤリとした、ハッとした事例)がおきているというもの。

つまり、イヤホンやヘッドホン装着中の事故の経験やニュースの裏では、その他大勢も軽微な事故や危険な体験が存在しているのです。

 

列車に設置されたカメラで記録されていた事故

イヤホンを装着して踏み切りを渡る女性。列車がすぐそばまで来ていることに気づかず、気づいたときには画面から消えてしまいます。

 

この動画の裏側でもおおくの軽い事故やひやりとした体験が潜んでいるのです。

 

card_s11

王様!国でも対策を!

とりあえず、
5万円以下の罰金ね。

card_s13

 

自動車運転中だけでなく、自転車走行中のイヤホン装着も罰則の対象となっています。

5万円以下の罰金
(道路交通法第71条第6号、第120条第1項第9号)

※ 自動車、自動二輪車又は原動機付自転車で第5号に違反した場合は、反則行為(公安委員会遵守事項違反)に該当します。

○ 反則金
・大型車(中型車を含む) 7,000円
・普通車、二輪車 6,000円
・原付車 5,000円

via. 神奈川県警

コメント

コメントを残す

close
本当に効果ある増大サプリ