【本当に大丈夫?】2014年W杯開催地ブラジル・サルバドルの現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mw4zak4x

サッカー日本代表が1位通過をし出場を決めた2014年ワールドカップ。その開催国ブラジル・サルバドル。
実はこのサルバドル、観光地にも関わらず殺人事件や略奪事件が頻発している危険地帯なのだ。

その原因の根源はやはり麻薬ギャング。彼らは金と利権を生むもの全てを奪い合う。
サルバドルでの殺人率はアメリカ(殺人件数約17000件)の4倍以上に及ぶという。
開催まであと1年。現在3000人以上のブラジル国軍兵士が警備にあたっているそうだ。

 

6kefk8ei
tjei5rsq
dogczzbr
rf0hifgy
ejdy9zn3
rrn9pwhq
h421zwcs
toih7fs6
2oqixnzw
pt3zo661
bpnmty6m
5mlqe69d
38mt76sa

 
※via:『SALVADOR KAWASAN GENG DADAH BRAZIL
 

card_s11 こんな地域を選んだFIFAって…
リアル「シティ・オブ・ゴッド」やん((( ;゚Д゚)))

card_s13

 
シティ・オブ・ゴッド公式サイト
 

コメント

コメントを残す

close
本当に効果ある増大サプリ