【大人の事情】惜しくも公開禁止となってしまった海外のファッション広告と映像15選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3505bf6o

エロい!危ない!冒涜だ!などなど、色々な理由で公開を禁止された海外のファッション広告と映像。
「これぐらい問題ないじゃん!」ってモノから「こりゃあかんよ!!」ってモノまで
人によって受け取り方は様々でしょうが、やっぱりダメなモノはダメなんでしょう・・・。

まぁ、何も考えずご覧ください(笑)

 

1.挑発的すぎて禁止!トムフォードのアイウェア広告(イタリア、2008年)

kxq99pzr

 

2.エロすぎて禁止!トムフォード男性用香水広告(イタリア、2007年)

0vuamb3y

 

3.エロすぎて禁止!リーバイスCM(イギリス)

 

4.暴力的すぎて禁止!メンズブランド、フライ53の広告(イギリス、2010年)

y7ak6e5m

 

5.神への冒涜として禁止!ベネトン広告(イタリア、2012年)

y0y6smdq

 

6.神への冒涜として禁止!マリテ&フランソワ・ジルボーの広告(フランス、2005年)

yulkdmdm

 

7.セクシーすぎて禁止!マーク・ジェイコブスの香水広告

a4upl7ns

 

8.不適切すぎて禁止!ロジャー・デイヴィッド(メンズブランド)の広告。女性のタトゥ文字「SLAVE」(奴隷)も原因(オーストラリア、2011年)

ckz7hwqx

 

9.エロすぎて禁止!エージェントプロヴォケーター(女性下着ブランド)、カイリー・ミノーグのセクシーすぎるCM(2008年)

 

10.バカすぎてエロすぎて禁止!ディーゼルのスニーカー広告(2010年)

 

11.子供に悪影響すぎて禁止!ディーゼルの広告(2010年)

b6tl8t7s

 

12.自殺を連想させて禁止!ミュウミュウの広告(2011年)

ukl9ah6c

 

13.ドラッグとエロで禁止!シスレー広告

ftgut

 

14.セクハラすぎて禁止!メンズスーツブランド、スーツサプライの広告(2010年)

jif8tdf2

 

15.子供に悪影響すぎて禁止!フレンチコネクションの広告

 
※via:『15 Banned Fashion Ads
 

card_h11 2枚目のは完全にアウトですね
ぜんっぜんええじゃないかっ!!
card_h13

コメント

コメントを残す

close
本当に効果ある増大サプリ